スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒木町は子どもたちが川で泳げるすばらしい環境のまち!なのだが

2011 06 04
20110604130002.jpg

6月のPTA運営委員会は盛りだくさんでございました。

なかでも最も大きな決定事項は、地域分会委員会・総務委員会から上程された河川遊泳についての案件。

例年、黒木小学校ではPTAによる監視活動のもと、黒木大藤下の遊泳場にて児童の遊泳を行って来ました。僕らも小さいころはこの遊泳場に水遊びをしに来たものです。

しかしながら、大きな井堰のすぐ上流という場所柄と、何度かの大きな台風や大雨の影響だろうと思うのですが、現在は川底に比較的大きな岩がゴロゴロしており、僕らが子供のころほどは遊泳に向いている場所ではなくなってしまったようにも思います。なにより、子どもたちの安全、万一の事故があったら・・・ということで長年深長なる議論が積み重ねられております。

また、僕らが子どもの頃とは違い、現在は学校にも専用の遊泳プールが備えられており、プールでも同様に監視活動が行われております。保護者のみなさまに二重のご苦労を強いている面もあるわけで・・・監視への出席に対するご不満も根深いものがありましてね。

どちらか、ならプールだけに・・・ってなるわけです。


しかしながら。

中学校になると、河川での遊泳に制限をすることは事実上できなくなります。
せっかく豊かな自然という大きな財産を持つ町に育ちながら、川で泳ぐという経験をさせずに中学校に上げてしまうなんて・・・というご意見も根強く、どちらが正解とも申し上げられない。

僕がこのブログを書き始めたばかりの頃、2008年7月のエントリですが
黒木町に大事件、だった。
この時に亡くなった子も、もしかすると川で泳いだ経験が少なくて危険を察知出来なかったのかもしれない、などとも思うわけです。

監視を行う態勢についても。

・監視者が受付業務をするだけで、水の中にすら入る用意をしていないのは監視として意味が無いのではないか

・事前の準備運動の指導を的確に行うべき

・AEDの場所を確認、万一の際の役割分担

・遊泳禁止、中止の意思決定と連絡体制・・・


など、アンケートをご提出いただいた中でもご指摘いただく点は山積。

で、事前に委員長レベルと協議させていただき・・・

◯前年度12回開催予定(天候中止2回)であった河川遊泳の回数を8回に減少

◯その上で、監視にあたる保護者人数を8名程度から>10名(以上)に増加

◯うち6名は水に入って監視活動を行い、残り4名で受付業務・高い位置からの監視

◯監視班の班長を設定、開催可否の意思決定、監視班の統括を行う

◯学校あんしんメールで正午までに開催中止通知ができるスキームを組む


など、前年度に上積みした対策案を用意し、運営委員会で若干のご意見を頂いた上で今年度は開催する運びとさせていただきました。

もちろん、次年度以降の運営の中で河川遊泳も開催できなくなる可能性もありますが、今年度の現状では、出来ることなら、せっかくの豊かな自然を子どもたちの豊かな感性と強い体づくりに役立てたいと思っております。

保護者のみなさまのご協力よろしくお願いいたします。

PTA会長の「充て職」っていうので呼ばれた、決して嬉しくない一例

2011 05 28
IMG_2358.jpg

きのう、充て職(この漢字でいいのかな)っていうようなことを申しましたが、よくもまぁこんないろんなところに呼ばれるもんだ、と感心するほどで。

5月26日「黒木地区自治運営協議会総会」という案内が参りました。
PTA会長としての本職については前年度の副会長の頃に知った知識もあれば申し送りもあるわけですが、こんな外に出た部分についてはまぁ、伝わってなくても当たり前、という感じでございまして。

総会、ということでしたのでおそらく議決権は僕がPTAを代表して一票持っているんだろう、とかボヤボヤ思いながら会場へ。

資料の規約を拝読。

第7条 2
総会は、行政区長会、自治公民館長会、自治会女性部代表者及び各団体の代表者をもって構成する。


各団体の代表者、なのでしょうか。僕は。

議決権を持ってるのかどうかすらわからない。
不幸なことに前の方に座ってしまったもので議場全体の雰囲気もよくわからない。

即決らしき議案も手を上げていいものかどうか迷う僕。
たまたま隣に顔見知りの方がいらっしゃって、僕にも議決権があることを教えてくださいました。


議案内容について。
まず、全くと言っていいほどPTAと関係ない。

昨今、PTAはご存知のとおりPTCA(Parents Teachers Communities のAssociation)と呼ばれるほど地域との連携を重視しているところではあるのですが、この総会に関してはこちらから絡む部分もなければ予算・事業全てにわたってPTAの兼ね合いがある事象がひとつたりとも見られないんですわ。

要するに。
1:各戸から負担金を徴収
2:それにみあった(金額的に負担金の約2.5倍)の補助金を受ける
3:公民館・青壮年・青少年・女性・敬老会などの会の活動費を渡す
4:それに携わる地域代表者をなんとか組織する
ということらしいのですね。

特にPTAとして言うこともなければお金がもらえるわけでもないのよ。
いや、お金が欲しいんじゃないのよ。
PTAにここから予算をあげるよ、と言われても受けられるのかなぁ。

ほんで、総会を構成する「各団体」の構成は特に規約にも表記してなく、我らがPTAに加え、老人会(予算ももらってるみたいです)などがあるようなのですが、まぁそのへんもよくわからない。

議決権総数も委任状の確認もなく。
多数の区長さんたち、公民館長さんたちに紛れて。

うーむ。

で、まぁおとなしく
シャンシャン議案には手を上げる。
議論があった(まぁそれも区長会でやってくれよと思うような内容でしたが)議案は棄権する。

という戦法で乗り切りました。
質問していいのならいくらでも質問できそうな感じでしたけど。
ほら、僕って空気読む人じゃないですか。

合併を機に発足した会のようで、まぁまだ安定飛行にはしばらくかかるのかもしれません。


なんというか。
とりあえず小学校のPTAでも呼んどけ、くらいのことに思いました。
感覚的には。

機会があればなぜPTAが議決権を持っているのか、次年度から外していただく方向性がないか確認しておこうと思いましたが、総会にだけ呼ばれてその後は特に何もなし、でボヤボヤ来年に続いてしまう気もします。


・・・・いかがなもんか。

PTA会長としての活動は記録しておくほうがいいかもしれんと思ったんだ

2011 05 27
はい、毎度毎度。
お待ちになってる方がどれだけいらっしゃるか知りませんがお待たせしたかもしれません。

どうもTwitterとかFacebookとかのほうが気軽で書きやすくてそっちばかりにかまけてなかなかBlogに手がまわらんという状況は相変わらずでございます。

実は4月から(正確には総会があった日から)うちの子が通う黒木小学校のPTA会長、という僕には似つかわしくない重職を拝命しております。そちらのほうでさまざま動きがあったらこのブログに書いていく、というのは今後のためにもなりますな、と思い直し、年度始めからカチっと始める感じではないですけど、書いていこうと思いました。

その総会とかこれまでの会議とかはすっ飛ばしましてすみませんが。

IMG_2351.jpg
さて、先日の5月25日。

八女市の人権セミナー、という集まりに行ってまいりました。
こちらは八女市PTA連合会(八女市P)のいわゆる「充て職」というんでしょうか。この会合の実行委員に市内PTA会長から一人輩出しなさい(不適当訂正) 出しなさい、ということで僕が参上している会です。初めて行ってきました。

IMG_2353.jpg

正直なところ、何があるのかもよくわかってなくて、僕は実行委員としての会議だと思っていたんですが、一般参加者がいるセミナーの開講式ということで、市長とかの挨拶を拝聴し、セミナーとして行われた「人権コンサート」を楽しんできただけでしたので少々拍子抜けしたところです。

IMG_2354.jpg

講師、というかステージにはシンガー・ソングライターの むたゆうじ さん。
人権コンサートというと敷居が高い感じがしますが、唄も素晴らしい、会場を巻き込んだトークも楽しく、また、考えさせられる、すばらしいコンサートでした。

人が人として生きていく権利
簡単なようでとても難しい概念です。

社会的弱者だと勝手に分類して助けてやればそれでいいわけでもなく。
人にはそれぞれの尊厳があり、最大限に尊重されるべきで。
全ての国民が、人類が、ほんとうの意味で助け合える社会などあるのだろうか。

無いっていうのが正解だとしても、その目的地を目指す必要はあるのだろうと思います。

勉強させていただきながら一年過ごしたいと思います。


一番最後に歌っていただいた「むごう風のひど吹くね」


九州弁で歌われる、美しい唄でした。

むたゆうじさんのHP

PTAの研修会で熊本市まで行ってきました。

2010 11 01
10110101.jpg

画像、わけわからんと思いますが、僕が熊本市内で飲んでいるとき、事情が許せばかならずこのお店の写真を撮ってくる、薬局の写真です。いい看板といい雰囲気。周辺はちょっとエロティックなお店が多いような場所で、呼び込みのおっちゃんたちに声をかけられつつ、お金ないからゴメーン、って断りつつ。

一次会をホテル宴会場、二次会スナック、三次会ビヤレストラン、でラーメン屋を探してる途中・・・でしたかね。ラーメン屋は結局よさそうなお店が見つからず、食べずに帰りましたが(正解)

ちょっと古っぽい加工をしてますのはiPhoneで近頃気に入ってるInstagramというアプリで撮影し、そんな感じのフィルタをかけてるからです。こんな加工が似合うお店だと思います。

いや、熊本で飲む機会自体そう多くはないのでこのお店の写真も4枚くらいしかないんですけどね。


閑話休題、PTA。
まだまだいちばん上の子が小学校3年生という、PTAの世界ではとてつもなく若輩者である立場に降って湧いたような単Pの副会長というお役目をなんとか日々こなしておるわけなのですが、まぁこれがいろいろと大変で。あちらを立てればこちらが立たずを手作業でなんとかしていくような感じに思っております。

特に、黒木小学校は少し小規模な渡内小学校と合併してまだ2年目なのに加え、行政組織も黒木町は年度の直前で八女市と合併、去年まではあった町PTAという組織もなくなって大規模な市PTAに編入された上、予算組みも当然大幅に変化。今まであった事業を終わらせるのにもパワーが必要なら、市Pの新たな事業に参加するもパワーが必要。

そんな中で九州ブロックPTA研究大会に参加して参りました。
まだまだよく理解しているとは言えないやるべきこと、やらねばならないことが少し垣間見えたような気も致しました。先進的な取り組みの一部を拝見し、襟を正すような気づきもありました。

また、日頃はあまりお会いしない、町内の別の学校の正副PTA会長さんたちと、深く交流をさせていただき、新しいものが見えた二日間でした。

これまでの町P会長校輪番(市P副会長輪番に引き継がれました)の年度ということもあり、さまざまな準備もさせていただき、少し青年会議所にいた時代を思い出すような感じでもありました。

見せんと親の姿、見んと子どもの姿(大会スローガン・・・やったっけ)
運営の皆様には大変お世話になりました。

これからも勉強させていただきます。

今年度、新たなお役目をいただいた件

2010 04 21
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ
IMG_5776_R.jpg
今さかのぼってみましたところ…

いや、このブログにも一応「カテゴリ」ってのがありましてね。
その中に「お役目」ってのがありまして。

去年の春に黒木町商工会青年部を卒業し、年末には社団法人八女青年会議所を卒業し、その後は特にお役目といったところもなく…と思っておりましたら、やっぱり去年の12月に青年会議所を卒業したところが最後の「お役目」カテゴリだったようで。

さて、新年度を迎えまして。
新たなお役目を一ついただきました。

僕にとっては小学校の頃からの同級生が、子どもたちが通う小学校PTA会長をやるので、お前が副会長をやってくれんか、と言われたという流れでしてね。

よくわからん、と言ったらたぶん怒られるんですが、経験もなければ流れもわからん僕のようなものでよろしければ、というくらいのつもりでいたんですが、案の定僕の知らないいろんなところでいろんな議論の渦中にあったようで。

そこはそれ、僕は与り知らないところでもあります。
わからんところはわからんなりに、なんとかこなしていかねばならんですし。

先日行われました総会にて、無事ご承認頂きました。
なんとか一年間会長のサポートをしていかねばと思っております。

ご協力をお願いするばかり

↓この二つのボタンをポチッとね!

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ
↑一日一回のクリック支援、多謝
« Prev | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。