スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まちと人の歴史を残していく施設 黒木町「学びの館」を紹介してみる

2010 02 19
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ
IMG_5342.jpg
黒木町が八女市に合併されるにあたって、こちらの施設も所蔵品の整理などでいろいろお忙しそうでした。展示されているものには古い写真なども多くあり、僕がかかわって修復などをさせていただいたものも多いです。

今日も展示用の写真を数点お届けする用がありましたのでお訪ね致しました。
お休みでなければ説明をしていただける爺ちゃん先生がいらっしゃって、所蔵品の管理や来客への説明などもしていただけます。

春先や秋口であれば、成人式やご婚礼とかのロケーション撮影とかにも時々使わせてもらったりする、黒木町ではなかなかのビューポイントでもあるのですよ。

ちょっと中をご紹介しましょう。

↓続きます。
IMG_5325.jpg
この建物は明治時代はじめのもので、「隈本邸」といいます。
平成3年に隈本家から町が譲り受けた建築物を、黒木の町と人の歴史を残していくために使われているものですね。
こちらは入場口と、右側は大玄関とあります。
かなりの豪邸です。

この建物の裏手には、元は湯辺田にあった、文豪石橋忍月の生家が移築されており「石橋忍月記念館」として直筆の資料などを展示しておられます。

実はまだ石橋忍月の著書は読んだことがなかったのでiPhone(の青空文庫)で読もう、と思って「舞姫」を・・・ほんの数ページ読んだところです。著作権保護期間を過ぎているのでお金がかからないのはありがたいところ。

IMG_5326.jpg
こんな感じで。

IMG_5329.jpg
古いものが何でも置いてあります。
爺ちゃん先生(和田先生と吉村先生、おふたりのどちらかがいらっしゃいます)は、門を入って左側の建物の事務所にいらっしゃるので、質問なんかがある時は遠慮なく訪ねていくと喜んで教えてくれますよ。

IMG_5330.jpg
家の中に入りました。
あまり植物は詳しくないんですが、和蘭かなにかでしょうか。
こんな感じでいろんな展示会なんかも開かれます。

IMG_5332.jpg
整理を待っている古い資料とか。

IMG_5336.jpg
裏側に出てみました。
足元にありますのは、鏝絵(こてえ)といいます。
これは修復前の隈本邸にとりつけられていたものだったでしょうか。

IMG_5337.jpg
今も軒下には大きな鏝絵が飾られています。
鏝絵は、漆喰(しっくい)で作られたレリーフのような立体的な芸術作品です。
大分、特に安心院(あじむ)のあたりが鏝絵で有名なのだそうですが、現在も黒木町には鏝絵を作る職人さんとして非常に有名な方がいらっしゃいまして、この学びの館のそばにお住まいです。

IMG_5338.jpg
後ろを向くと広い庭。春は花がとても綺麗です。
左の建物が石橋忍月資料館。

奥の石垣の壁は見上げると四段目で竹林になりますが、その上にも数段の石垣があり、ピラミッドのようになっているのだとか。

IMG_5328.jpg
さて、用事も済んだし、帰ります・・・

この石垣石畳もこのあたりの伝統的な技法なのだそうで、非常に贅をつくした作りなのだそうです。
なんていう技法なのかは忘れちゃいました。

御訪門したら入り口のあたりにおいてある記帳をお願いします。

春にはお昼寝に来るのも気持ちイイ


大きな地図で見る
学びの館
福岡県八女郡黒木町大字今1053
0943-42-1982


↓この二つのボタンをポチッとね!

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ
↑一日一回のクリック支援、多謝
Comment
私、鏝絵が好きです。それだけのために安心院まで行ったこともありました。黒木でも見れるのですね。

隣町のKANBAI-KAIで帰郷してますので、時間がとれれば…。
No title
すごいところですね。

こんなの今建てたら(裏山まで)どんだけ金かかるんでしょうね^^;
Re: タイトルなし
>どに。 さま

> 私、鏝絵が好きです。

ほぉ。面白い趣味をお持ちですね。
黒木の鏝絵はいくつかありますので、町の観光協会とか教育委員会とかに問い合わせてみて下さい。僕はあまり詳しくありません。

作ってる人なら知ってますのでご紹介しますよ。
Re: No title
>tailor さま

> こんなの今建てたら(裏山まで)どんだけ金かかるんでしょうね^^;

裏山は気が遠くなるくらいかかりそうだねぇ。
土地だけでもけっこうなお値段じゃなかろうか。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。