スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想夫恋の焼きそばを見よう見まねで自作してしまうプロジェクトその3

2009 10 01
↓一日一回のクリック支援、多謝
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ

IMG_5757.jpg
ご無沙汰いたしておりました。
想夫恋の焼きそばを見よう見まねで自作してしまうプロジェクトでございます。

ソースについてはほとんど変えておりませんので↑過去のやつをご覧下さい。

画像はラードだけが投入されたフライパン。

↓続きます。
IMG_5758.jpg
一昨日のエントリで買ってきました、モヤシと長ネギに、肉はやっぱりトンカツ用を買うのを忘れたので細切れの切り落とし。ソースをいつものように準備いたします。

IMG_5761.jpg
思いつきで冷蔵庫にあったシメジを使うことにしました。
少しでも粉食欠菜状態を解消しようということで。

設計どおりでないと気がすまない性格に生まなかった親に感謝。

IMG_5759.jpg
若干のラードが溶けましたら豚肉を投入。
前回までは本家のように固めて真ん中に置く方法を取っておりましたが、薄切り肉だとほぐれない、ということを学習しましたのでバラバラにして一旦炒めることとしました。

IMG_5760.jpg
一昨日も書きましたとおり、今日の主役の麺は冷凍うどん。
当然ながら、タイミングを計って解凍しておきます。

ご覧の通り、今回の量は3人前。

IMG_5762.jpg
バラバラと散らばったお肉の上にアツアツの麺をドーン。

IMG_5764.jpg
しばらくチリチリしておいてから裏返しますと、なかなか美しい焦げ目が。
べったべたにくっついてないといいのですが。
裏面の焦げ目を応援するため、周囲からちょっとだけ油をプラスしていきます。
ここはカロリー控えめサラダオイルを使用。

健康エコナの回収はとてもショックだ。

IMG_5766.jpg
気を取り直し、焦げ目がついたと思しきあたりで野菜を投入。

今回は忘れませんでした。「野菜は麺の下」
蒸し焼きにしていきます。

野菜で麺を向こう側に押し出していって、最終的にはホットケーキ返しで野菜の上へ。
ですのでこちら側は一番初めに上だったほうの面。どうでもいいか。

IMG_5767.jpg
そして、ソース。

IMG_5768.jpg
一呼吸置いて、混ぜていきます。
なんか躍動感ある写真だな、オイ。
プロみたいだ。<自虐

IMG_5769.jpg
うん。見事な焼きうどんだ。

IMG_5770.jpg
テーブルの上にゆで野菜があったので追加。
つくづく設計図どおりでなくても気にしない性格に生んでくれて(ry

IMG_5772.jpg
美味しそう。

【講評】
麺を油の上にしばらく置いておくと、一体!合体!って感じにはなりますが、麺がくっつくことはありませんでした。ちゃんと後で炒め混ぜた時にバラけてくれます。本家風の「一部コゲ」は可能。

冷凍うどんを炒めたのは初めてでしたが、油で焦げ目がついたあたりは「ネチッ」とした食感になり、決して嫌味ではありませんでしたね。香ばしさに欠けることと、カリッとした食感が無いのはちょっと残念かも。

というわけで「冷凍うどんで焼きうどんを作るとき、想夫恋風に焦げ目をつけた方がいいですか?」という質問をされたとしたら、答えは「諸手を挙げてオススメかと言われるとどうだろう」くらい。

ソースに関してはあまりこだわりがない、というか本家との差がよくわからんので相変わらずの麺ツユ中心の適当ブレンドソースを使ってますが、普通の焼きそばソースを単純に使った焼きうどんより、個人的には数段美味しいと思います。

【次回以降登場予定の麺】
中華麺風パスタ(パスタは乾麺で、茹で方が違うらしい)
これはちょっと期待してるとこです。

以降、パスタマシンを手に入れた今となっては、
手打ちうどん(どこまで茹でておけばいいんだろう)
手打ち中華麺(ホントに出来るのか?とは思ってる。)
なんかも試していきたいところ。しかし、いつになるやら

【結果発表】
本日の焼きそば(焼きうどん)の順位は…2位!

現在のところ、トップはなんと前回のパスタ
↓この二つのボタンをポチッとね!

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。