スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祇園まつりで忙しい3日間、選挙戦が始まったのを実感してみたり

2009 07 24
↓一日一回のクリック支援、多謝
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ
素盞雄神社から神様がちょっと下った津江神社にいらっしゃる神様に御挨拶に行かれるという祇園まつりが二日間、その翌日は花火大会です。

前の二日間はお神輿が、二つの神社の間を下っていき、翌日に上っていくこととなります。
こちらが去年の様子。

今年もやっぱりカメラを持っていくわけにはいかなかったので。

さて、二日間のお神輿が終わりますと、いろいろと協力してもらった奥様方や子どもたちも交えて「締め上げ」の宴会でございます。
IMG_6986.jpg


と思っていると…

↓続きます
二日目の「御のぼり」が終わって会場に着くと、背広を着たおっちゃんたちが数名。

当日21日に行われた国会で、衆議院が解散したことを受けた御挨拶周り、なのだそうです。

IMG_6982.jpg
こっちは神輿で疲れてんだ!
と言いたい人も居たかもしれませんが、まぁこれもお役目でお世話様でございますのです。
僕は大人なのでその辺はちゃんとわかっとるのです。

IMG_6987.jpg
ほんで、やっと乾杯。
おつかれでした。

翌日。
皆既日食…福岡県では90%の部分日食で盛り上がった日。

IMG_7017.jpg
お昼に大注目を受けた太陽が沈んでいきます。

IMG_7013.jpg
僕らは消防団員として、花火大会の警戒をせねばなりません。

以前は毎年の警備だったそうなのですが、今は分担されて二年に一度の警備となっています。
とはいえ、警備が無い年は別の団体から観客誘導などに借り出されるのですが。

IMG_7015.jpg
花火が打ち上げられるすぐ上の斜面には水利が無いため、矢部川に近い水路から水を取って数百メートル送水。引火しないように、消防署のタンク車が斜面に水をまいてくれているはずです。

IMG_7032.jpg
これはオープニングとフィナーレで使われる「ナイアガラ」ですね。
役得というか…花火のすぐそばまで行くことができます。

消防団員でなければこのエリアには入れないので、ファイヤファイターならではの写真を撮ろうと思って、写真機材を持ち込んでいました。

…っていうか、万一のための準備はとりあえず万端。
火さえつかなきゃ…花火が上がってる間はそんなに仕事は無いわけで。

09072301.jpg
【Blue Frower in the twilight】

道の下から花火が打ちあがり、完全に僕の頭上と言っていい場所で爆発します。
頭上からの轟音は対岸にいらっしゃる花火見物の皆さんの想像を超えると思います。
これは消防団員でなければ味わえない。

この写真は打ち上げられる場所から花火全体まで入るように超広角レンズで撮ったもの。
電線がちょっと残念な位置にあるんですけどね。

09072302.jpg
【Rainbow】
これは仕掛け花火の裏側。
花火師さんたちがレインボーの光の中で見守っています。

そうこうしているうちに花火大会も無事終了。

IMG_7044.jpg
お疲れ~♪

と思ったら

IMG_7038.jpg
またもやどぶ板作戦の皆様が…

いや、わかってますよ。

僕は大人なので
↓この二つのボタンをポチッとね!

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ
Comment
No title
うまい!綺麗な花火ですね。
さすがプロは違う。

電線が無かったらもっと良かったのにね。
No title
花火すごいw

俺のは写真じゃないですね(涙)
Re: No title
>副院長 さま

お褒めにあずかり恐悦至極でございます。

> 電線が無かったらもっと良かったのにね。

打ち上げ現場が見えるのがここしか無いんですわ(涙)
周囲に花火球の残骸とかいろいろ降ってくるのが怖いんですがね。
Re: No title
>tailor さま

> 俺のは写真じゃないですね(涙)

んなこたないw
Mixiに載っけてたやつ、なかなかお上手でしたぜ。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。