スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社団法人八女青年会議所 7月例会 公益法人制度改革についてディベート

2009 07 20
↓一日一回のクリック支援、多謝
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へIMG_6547.jpg
芳司理事長の船出から半年が経ちました。
次期理事長内定者も決まったとのことで、理事長より御紹介も済みました。

僕の立場では外部発表をしていいものかどうかわからんので流しますが。

さて、われわれ青年会議所が長く誇りとする社団法人格について、2013年には公益社団法人と一般社団法人との選択をせねばならない、という「公益法人制度改革」関連3法案が可決されて約3年。

社団・財団法人にとっては大変大きな瀬戸際の時期に来ております。
ちょうど僕が理事、スタッフをしていた時期にこの法案の可決を経験してきましたので大変興味がある問題です。

この問題について、当青年会議所、財務特別委員会よりディベート形式でのフォーラムが行われました。

↓続きます

IMG_6534.jpg
その前に。

3ヶ月の仮入会期間を経て、3名の新入会員。
御入会を歓迎いたします。おめでとう。

さまざまな連絡事項をこなして…

IMG_6600.jpg
公益社団法人化チームの3名

IMG_6601.jpg
一般社団法人化チームの3名
後ろに見えるのは財務特別委員会の廣津委員長。

言わずもがなですが、それぞれがその意見を実際に持っている中で主張するわけではなく「その立場として意見を構築して」議論する、というのがディベートフォーラムの構造です。

IMG_6604.jpg
それぞれの論陣を張り、公益派、一般派それぞれの立論に対して反駁、第二反駁を経てまとめを行う、という内容でございました。

実際、非常に取り扱いが難しい問題でもあり、現時点ではどこのLOMも手を出しかねているようなところだと思います。

ディベートという形式で、一般メンバーにも問題の根深さというか克服の大変さや、青年会議所がおのずから持つ、「公益のための団体である」という誇りなども共有することができた、すばらしい委員会タイムであったと思いました。

IMG_6605.jpg
今後3年ほど、どのような動きになっていくのでしょうか。
僕は年齢上今年限りという立場ではあり、どちらの結果になるのかは現役として見ることは出来ないのですが、あくまで青年会議所は公益団体であり、他からの抑圧なく、あくまで誠実に真摯に明るい豊かな社会の実現を目指す、という精神を尊重できる結果に落ち着くことを心から期待しています。

問題は共有し、チカラを合わせる
↓この二つのボタンをポチッとね!

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。