スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒコーキというのはいろんな種類があるんだなと思った件

2009 06 18
↓一日一回のクリック支援、多謝
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ
IMG_2377_20090618172356.jpg

ヒコーキに乗りました。
まぁちょっと前の話なんですけども。
実は上の写真はその時の写真じゃないんですけども。

そんで、いつもなら見逃すようなものを目ざとくチェック!みたいなことになったので書こうかなと思っただけなんですが…

あらかじめ申しておきます。
・僕は頻繁にヒコーキに乗る人でもありません
・マイレージとかもなんだかよくわからんので気にしてません
・ヒコーキが特段大好き!ってわけでもありません

ですので航空機ファンの皆さんなんかが「そんなん当たり前じゃん!」とか思うかもね、という程度の事なのだと思いますので

・期待せずに読むが吉
・素人の戯言なんだからまぁ落ち着け

ということなのです。

↓続きます
IMG_2711.jpg
こんなん入ってますよね、前の座席の後ろというか、目の前のポケットというか。
「ANA 翼の王国」とかと一緒にさ。

「空を演出するフリート」ってカッコイイ。
フリートってのは「艦隊・船団・航空隊」のこと。<調べた

僕がこのとき乗ったのはたしかボーイング737ダッシュ700だかなんだか。
上の写真でいえば、右の列の上から3番目。
ちなみにその列の一番下はシロナガスクジラ。

東京行きなんかで乗ることがある左の列の747とかと比べると、ちょっと貧弱よね、とか思ってつらつら眺めておりました。

IMG_2710.jpg
こいつですね。

よしよし、ちゃんと落ちずに頑張って飛ぶんだよ♪
という気持ちになる可愛さ。

などと思っておりますと

IMG_2709.jpg
なんだこいつは。

同じ737-700、全長も全高も全幅も一緒でありながら…

航続距離が倍。
座席数はこともあろうに三分の一 …だと…

というのに、そのとき驚いた、と。

いや、それだけです。

これからは後で調べた件。

737-700をベースに燃料補助タンクの搭載により、大幅に航続距離を伸ばすことが可能となる737-700ER。最大9つの燃料補助タンクの搭載が可能となり、実質航続距離も約9,000km程度のものとなる。諸条件にもよるが例えば東京からシドニー、東ヨーロッパ、インド、アメリカ西海岸といった地域にも就航可能となるため既存の「小型機=短距離」との概念を変えるものである。ローンチカスタマーはANA。世界に先駆け2007年3月25日よりエアーニッポンが運航を開始。
ANAグループでは、「ANA ビジネスジェット」と銘打って新しいコンセプトに基づく機体仕様・サービスを提供している。具体的には従来の737-700の標準座席設定(120 席~136席)を大幅に減少させた44席(初号機:CLUB ANA BJおよびプレミアムエコノミーBJの2クラス設定)・38席(2号機:全席ビジネスクラス(CLUB ANA BJ))の設定とし、ゆとりのあるシートピッチ・シート幅で寛ぎの空間を提供する「ビジネスジェット仕様」とした。またエンターテイメント・アメニティーにも機能性・オリジナリティー・高級感を盛り込んでいる。
エアーニッポンの機材情報より



ともかく
・余分に油を積んでます
・だから一気に遠くまで行けるよ!
・人は少なめにしか積みません
・だからひろびろ!のびのび!
・だけど全員ビジネスクラスだから高いよ!
・そして世界をひとっとびだぜ!

という、世界をまたにかけるビジネスマンのみなさん用ジェット、なようです。

リンク先に行っていただくとわかりますが、座席スカスカ。
AllAboutに内部の写真なんかも載ってましたが、ゴージャスでありますね。

調べ方がよくわからなかったんですが、なにやらムンバイ、とか広州、とかに向けて飛んでるらしいです。

用事が出来たら乗ろうと思います。<用事なんて一生ないと思うけど。

で、ムンバイってどこだよオイ
↓この二つのボタンをポチッとね!

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。