スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魅惑的なキャッチコピーのゲームをゲットしてしまいました

2009 05 19
↓一日一回のクリック支援、多謝
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ

IMG_4757.jpg

面白いとしか言いようが無いゲームです

小さく
(本当かどうか試してみませんか?)
とあります。

おぉ、自信満々。

この帯にはあと二つ、思わず手にとってしまうようなキャッチコピーがありました。

↓続きます
IMG_4758.jpg

駆け引き、嘘、戸惑い、迷い
(大丈夫。ただの面白いゲームですから)


「ドメモ(DOMEMO)」という、いわくつきのゲームなのです。


アレックス・ランドルフ(Alex Randolph)という超有名ゲーム作家の作で、日本中(世界中?)でリメイク、カバーが待ち望まれていたタイトルなのです。

ランドルフさんはアメリカ人で、日本の将棋を覚えるために数年間日本に滞在され、加藤一二三九段に師事して段位まで取られたのだそうです。当然日本人のファンも数多い作家なのですが、2004年に惜しまれつつ亡くなられました。同じアメリカ人のシド・サクソンとともに、現在ボードゲーム大国と呼ばれるドイツにボードゲームを伝道した偉人と言われています。

代表作は、先日僕がドイツアマゾンから取り寄せた
同時オープンバッティング系盛り上がりゲーム「はげたかの餌食(Hol's der Geier)」
今はドイツで再版されたので日本でも購入が可能です。

2人用ゲームの超名作、「ガイスター (Geister)」
良いオバケと悪いオバケを組み合わせて戦う将棋風戦略ゲームです。


僕が持ってるのはこの二つに今回のドメモで3つめなのですよ。

どういうゲームなのか、というのはこのサイトにお願いするとします。
リンク先、追記前の文章に書いてあるとおり、日本には数十セットしか現存しない「伝説のゲーム」と言われていた作品なのです。

ルールをごらん頂くとお判りのように、単に1が1枚、2が2枚~7が7枚というセットを分けて、他の人の手を見て見えない自分の手を当てていく、というだけのゲームなので、簡単にトランプなんかでも代用できるのですが、もともとのタイルを使った操作性に憧憬の念を抱かざるを得なかったのですね。

このコピーに釣られて買ったわけでは無いのですが、取り寄せて手元に来たドメモを見て、コピーが見事だなぁ、と感心したのですよ。


なかでも一番いいねぇ、と思ったコピーがコレ。
IMG_4759.jpg

恋が生まれる
(かもしれない)
ゲームです


見事に中身、商品の価値を高めているコピーだと思うのです。

実はまだ未プレイ&未開封w
↓この二つのボタンをポチッとね!

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。