スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツのアマゾン(amazon.de)からボードゲームを買う、という話

2009 03 30
↓一日一回のクリック支援、多謝
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ
09033003.jpg
僕が無電源ゲーム好き、というのは僕の交友関係の皆さんはご存知のかたも多いと思います。特に関係の無い集まりにもとりあえずゲーム持参、ということもありますし、思い立ったように深夜からうちの部屋で飲みながらゲーム、なんてこともたまにあります。

さて、これまで僕が持っていたゲームは、いくつかを除けばドイツ・アメリカからの輸入品でして、日本の輸入元が遊び方のマニュアルやなんかを翻訳&添付してくれているものばかりでした。個人輸入をするにしても高額な送料や手数料が行く手をはばんでしまう場合が多かったですね。

そこにきて、ドイツのアマゾンがボードゲームを日本に送るにやぶさかではない、しかも送料固定で14ユーロ(2000円くらい)という態度を表明していると伝え聞いて、これは買ってみるしかない、となったわけです。

ドイツと言えば無電源ゲームの母国とも言えるほどの生産&消費国でございます。これは期待できるのではないでしょうか。

日本円が意外と頑張ってますし、ユーロが5年来最安値をつけている今のレートを考えると今買っておくのは意外と賢いかも…というのも背中を押してくれました。

↓続きます
09033004.jpg
パッケージの写真やなんかがついてますし、どのゲーム、ということはなんとか判ります。
↑これが今回僕が買ったゲームのリスト。
Hol's der Geier(ハゲタカのえじき)なんてのは絶版になっていた大人気ゲームが再販されたばかりでナイスタイミング。以前手に入れ損なったドイツ年間ゲーム大賞受賞作品を中心に9点の購入を決断。

ドイツアマゾンでボードゲームを買おうと思って困ることは…
ドイツ語がわからん
この一言に尽きます。

翻訳ルールが必要(もしくは他で手に入らない)なものは買えない、という制約もあります。新しいゲームはほとんどルール訳が公開されていませんので、いくら楽しそうなゲームでもホイホイと買うわけにいかないというストレスが。

いきおい、結構古いゲームや比較的軽いゲームで、輸入版の値段が高かったりして手に入れ損なってたやつが増えていく感じ。

ここでもドイツ語がわからない障害が影響し、同じゲームを二つ買ってしまったことに気づいたのは注文ボタンを押してしまった後。

ドイツアマゾンで買い物をする上で、Table games in the worldさんドイツアマゾンでボードゲームを買う!という素晴らしいガイダンスサイトに足を向けて寝られないほどお世話になった事をご報告しておきます。

2つ買っちゃったやつは2005年のドイツゲーム大賞を取ったゲーム。比較的ファンが多そうなやつなので、あとで売るなりあげるなりしようと思います。

09033002.jpg
管理モード。

わけが…わからん。
注文してから2本メールが届いてるのですが、このまま放っておいたら届く…といいんですが。

ドイツアマゾンをしばらく漂っていて思ったのですが、
・日本では手に入らないやつが普通に売ってる場合も多い
・値段は…5~6個も買えば送料含めても半額くらい…かな

な感じなので、お好きな方はチャレンジしてみるとよろしいのでは。

もし無事に届いたらご報告します。


ドイツ語勉強しとけば…よかったかもね
↓この二つのボタンをポチッとね!

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。