スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒木町の神社 くじ引きが行われる例祭、一等は…ホンモノの牛!?

2009 03 17
↓一日一回のクリック支援、多謝
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ
IMG_2997.jpg
うちのお店にお客様がお越しになって、「今日は牛くじの日よ」と教えていただいたので思い出しました。この券をお宮に持っていくと、くじ引きをさせてくれる、というだけの、ちょいと地味なお祭りです。

行われるのは、樹齢800年といわれる大樟(大楠)が境内にドーンと鎮座する津江神社。うちの店から徒歩1~2分の距離です。

早速、子供3人を連れて行くことにしましたよ。

↓続きます

このお祭り、ホントの名前は知りません。
くじ引きの券に「牛換券」とありますので「牛祭り」とか呼ばれていた気がします。

昔は本当に生きている子牛が当たった、と聞いた事がありますが…
僕が子供だった頃には、もう牛が当たるようなことはなかったように思います。

昔は農耕にも牛が活躍していたでしょうし、一等で牛を持ち帰った人は喜んだことでしょう。

IMG_3000.jpg
さて、お宮にやって参りました。
いつもは閑散としているこの神社ですが、屋台なんかも出店していてちょっと賑やか。

IMG_3001.jpg
早速お参りに行きましょう。
子供たちには10円ずつお賽銭をにぎらせ、ご神前に向かいます。


楼門をくぐる時、敷居を踏んだらCHOJOに「そこ(敷居)は踏んだらダメ」と怒られました。

そう言われてみれば、家の敷居を踏むのは礼儀に反すると言われますね。
これまでお宮の楼門に対してはそんな意識を持ってませんでした。
やはり神様の神域に入る礼を尽くさねばならんということでしょう。
CHOJOが誰にそれを教えてもらったか知りませんが、僕にとっても有り難い教えでございました。

帰りも…また無意識に踏んで怒られましたが。


僕は子供にもちゃんと社寺それぞれの定めにしたがった参拝、この神社ではニ礼ニ拍手一礼をさせることにしてます。神様と仏様にはちゃんと礼をつくすものだ、と教えてあげなければ知らないまま大人になってしまう気がします。

IMG_3006.jpg
御参りを済ませて…

何をしてる写真かわかりませんな。

IMG_3007.jpg
「牛くじ」
この箱からくじをひいている写真なのですね。

我先にと手を突っ込みますので上のような状況になります。

あとで「残り物に福」という言葉を教えねばなりませんな。

IMG_3010.jpg
結果はJIJOとCHONANが引いた4等、CHOJOは残念ながら末等。

今年の1等は、牛ではなくてオーブンレンジだったそうです。

4等はちなみに保存タッパー。

タッパーより、末等のポケットティッシュ(一個ずつくれたw)の方が嬉しかったそうです。
自分たちで使えるから、って言ってました。

静かな町がちょっとだけ盛り上がる、静かなお祭り
↓この二つのボタンをポチッとね!

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。