スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本気で僕にハンディカムを買わせようとしたこのコンテンツ

2009 01 21
↓一日一回のクリック支援、多謝
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ
09012006.jpg

僕は普通の人よりたくさん日常の写真を撮る人だ、と思います。
けど、日常的にビデオカメラをまわす、というライフスタイルは持っていません。
ただ、ソニーのあるコンテンツ、言ってみればソニーのビデオカメラの宣伝、を最後までつきあってみて、つい

…ビデオカメラが、欲しい!
と思わされてしまいました。

今の僕が、日常的に動画記録をしてないのは…危険だ!
とまで思ってしまいました。

どういうコンテンツか気になりませんか?

↓続きます
09012007.jpg
すごく良く出来たコンテンツです。

出てくるのはこの赤ちゃん、彼女だけ。

09012008.jpg
画面の中で彼女は成長していきます。

だんだん大きくなっていく彼女を、僕はそばでずっと撮影している、というRoleを持ってコンテンツは進んでいきます。日常の思い出を残すという疑似体験をして下さい、ということらしいです。



説明したいのですが、みなまで言うな、という感じなので、是非一度お試し下さい。

一応こちらに本体も置いておきますが…



元サイトのデカイ画面でお試しになったほうがいいかも。
よくわかりませんが、新しめのFlashPlayerが必要なようです。

さすがソニーさん、と思いました
↓この二つのボタンをポチッとね!

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ
Comment
良いですね^^
私自身が 映像で残る事が あまり好きではないので
子ども達にカメラを向けることも少ないんですよね
小さい頃って 昨日と今日じゃ全然違ったり
やっぱ 映像として残ってると良いような気もします

SONYさんやりますねぇ
購買意欲掻き立てられる映像です
Re: タイトルなし
>星のPooh さま

イイですよね^^

写真にしてもビデオにしても、父ちゃんが日常的にカメラをぶら下げていて、なので撮られるのにも慣れている、という感覚(というか)は一朝一夕にはなかなか出来ないと思うんですよね。

僕も、このブログを書こうと思わなければこんなにカメラ持ってウロウロすることもなかったでしょうけど、子供たちが写真を撮られるのに抵抗が少なくなる、というのは想像してなかった副産物でした。

やっぱり「将来の宝物」というのは作り上げるのも大変なのだなぁ、と思ったりします。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。