スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメラのヒモ(ストラップ)の取り付け方にもちょっとだけコダワルのだ

2008 12 05
↓一日一回のクリック支援、多謝
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ
DSCF6850.jpg


カテゴリ「お仕事」…でもないかなぁ。

G10にストラップを取り付けるので、以前教えてもらって、僕が使っている全てのカメラで採用している取り付け方を書こうと思うんですが。多分プロでも知らない人は知らないかもと思う取りつけ方法なのですよ。

上の写真のストラップの下側がループになっててカメラがくっついてる、と思ってください。

↓このヒモをどうしたいのかの説明が続きます。
上の写真ではストラップの余りがピロン、と飛び出た形になるわけですね。
これがどうもジャマになるわ引っかかるわでろくなことがないわけですよ。

DSCF6857.jpg
G10がモデルなもんだから説明写真が撮りにくいというジレンマが…
ブレとりますが上のようになりたいわけです。

こうするためには…
DSCF6855.jpg
このように…


…わかりにくいわっ!

ここでちゃんとライティングを考えて防湿箱から一眼レフを取り出そうとしないところが僕らしい、と思ってください。説明してあるサイトを紹介して以降の説明に替えさせていただきます。

デジタル一眼ストラップの取り付け方 via デジ眼.com-[デジタル一眼レフカメラ情報]


要するに、カメラ側に出来るループの中に余りのストラップを挟んでしまう方式、ですね。
リンク先で上手に説明してあります。パチパチ<拍手。

説明は長いですが、やるのはカンタン。
しかも効果はそのカメラとヒモを使わなくなるまで。一生使うなら一生ネタ、という長期間。

最上級のライフハックだと思うわけです。

束輪(ストラップを束ねるリングのようなの)に本来なら2本しか通らないヒモを3本通すことになるので、無理すると割れたりするそうです。お手持ちのカメラにあわせて気をつけましょう。G10はラクラク入りました。

「…当たり前じゃね?」という方も、「…知らなかった!」という方も
↓この二つのボタンをポチッとね!

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へあなたの、その1クリックがパワーになります!
デッドヒート終了w負け~w 見に行ってみて!
Comment
ま、お仕事用ですしね。
そこらへん、全然こだわらないわけなのですいません。
気にしたことすらありませんでした。
確実に操作性が上がるうえ、やるのもカンタンなのでお仕事用でなくてもオススメです。教えてもらったときは目からウロコでした。

あの飛び出したストラップに引っ掛けてカメラを落としたり、ということも無いとはいえませんからね。
なるほど~
旦那の保温弁当の紐が長くて困ってました。
こうするといいんですね。
>zouさま

長さの調整はちょっとだけやりにくくなりますので御注意。
余りのヒモがきれいに処理できますのでオススメです。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。