スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境に対する意識はいい方に変えられるんだねぇ、と実感した件

2008 11 14
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ
先日、定食屋さんで昼飯を食べておりました。
広川町のチャイナマーブル、というお店なんですがね。
IMG_3759.jpg

こんな感じで日替わりランチの種類が山ほどある、という面白いお店です。

ほんで、すげぇ面白いものを見つけたんですよ。



まぁ例によってご飯の写真を撮って…
IMG_3761.jpg
これは日替わりランチの表示の右に「オススメ!」って書いてあったヒレカツ定食。

美味しかったです。まぁ本題には関係ないんですが。


マンガがいっぱい置いてあるんですね、このお店。

で、「釣りキチ三平」の愛蔵版ってんですかね、分厚いほうのやつをチョイスしたわけなんですよ。
三平が魚紳さんと初めて会った時、「三日月湖の野鯉」という話だったんですが。

魚紳さんの、「釣り場の環境を大事にする姿勢」みたいな描写が「おぉ!」とビックリするようなコマだったのですよ。

このページです。
IMG_3763.jpg

「タバコのすいがらをあきかんに入れて土にうずめる…」
「釣り場をきれいにするためこんただことまでするのはあの男しかかんがえられねえ」


ぉぃぉぃ、と。

今の感覚では普通の人にとっても、そったらことはモロに環境汚染だべ、と思うことが当時の感覚では「模範的な釣り人マナー」的に描かれていたのがとても面白いなぁ、と思ったわけです。

僕が生きてきた40年ほどのほんの短い期間でも、ちゃんと人間の意識ってのは着実に変わっていくもんなんですなぁ。こんなにあからさまに違うもんなのよ、とハッキリと判らされる事例でした。

これが描かれたのが

# 第4巻 1974年09月 第4章 三日月湖の野鯉 前編
# 第5巻 1974年10月 第4章 三日月湖の野鯉 後編 + 幻の大岩魚アカブチの巻
(Wikipediaより)
僕が幼稚園の頃、34年前のマンガですね。

タバコの吸殻を車から投げ捨てる人は、あいかわらず時々、見ます。
それでも減ってきている、のかもしれません。
これからも人の意識は良いほうに変わっていきますように。


この2つのボタンを一日一回ずつクリックしていただくだけで!僕もあなたも幸せに!
そして!2つとも押すと!…えぇっと、とてもウレシイです!

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ←現在 返り咲き!? 応援お願いします!
←本日 定位置? に戻った!? ポチッとお願いします!
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。