スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一眼レフの「レフ」が取れた日

2008 09 12
一眼レフ。

レフ=レフレックス=反射装置=どんな風に写るか、というのを確認するためには反射装置が必要です。

一眼=レンズは一個しかありません。だから反射装置が撮影するときに動いてファインダー用と撮影用を分けているんです。

というのが一眼レフという言葉の意味でした。


二眼レフ、というのがありますが、あれも二つ一対になったレンズが「どう写るか確認するレンズ」と「写すレンズ」にわかれていただけで、確認レンズには反射装置があったため、二眼「レフ」と言うわけですね。


そして、こんなカメラが発表されました。
080912_1.jpg

マイクロフォーサーズ規格という、以前からあったフォーサーズ規格からミラーが無くなった一眼レフです。正確に言えば一眼レフ、でもありません。反射装置が無いので。

で、どう呼ぶか、と思って見てみると「一眼」と呼ぶのだそうです。そのまんまですが間違いないです。レンズは確かに一本。

反射装置がやっていた仕事は「ライブビューファインダー」がやるんだそうです。ビデオカメラのファインダーみたいなものですね。覗いた先に小さな画面が見えるやつ。近頃のには付いてないのかな。

デジカメメーカーとしてのパナソニックの動向は以前から気になってまして(買わないけどね)今回もオリンパスと共同でマイクロフォーサーズ規格を打ち出したときは驚愕しました。

ミラーが無くなる、ということは極端にフランジバックが短く取れるわけで、すごく面白い使い方も想像しちゃいます。光学設計は全然詳しくないのでいろいろと自信ないんですけど。

そして、ミラーボックスが無い、ということは極端に小さなカメラが作れます。このページにこのカメラの機構が載っていますが、一眼「レフ」と比較するとすごく単純な構造なのがわかりますね。

マウントアダプタ使ってOMの小さなレンズ付けるのを想像するだけでも楽しそうなカメラです。
買いませんけど。




↓一日1Click!お願いします
やっと気づきましたが、ランキングってのはすごく励みになるんですね。
両ボタンともに別画面リンクですのでお気軽にポチリとお願いします。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ

↓できればこちらも

Comment
これ。。
気になりました。。。

もう少し様子を見たほうがよさそうですが。。。

パナのカメラ。。いいですょ。。。。

電気製品風味ですから。。。(笑)
コンパクト化には一番のアイディアよね。

1200万画素という素子に見合った解像感が得られるレンズが出てくるのであればオススメかもしれん。

ライブビューファインダーでどの程度ピンを出せるか、と思うんだけど…そんな些細なことはAFに任せとけ、ってことになるのか。寂しいのぉ。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。