スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯の神様を諦めた話&性の神様の案内矢印に騙された話

2010 12 21
IMG_1411.jpg
八女市から山を越えるだけで、身体の神が鎮座するまちに着くのだ 2010 12 18
和水町の八人の神様。今日は「命の神様」に会いに行く。2010 12 20
このふたつのエントリの続きです。

メインイベント前の休憩みたいな回です。(。_゜☆\ バキ

デジカメを操ってさっきの観光地図。
「歯の神様」の近くに参りまして、このカンバン。
坂を下って・・・5分かぁ・・・

特段駐車場があるわけでもなく、なんというか普通の民家があるような周辺。
けっこうデカイ車で来ちゃいましたし、ここに車を停めてお参り・・・
路駐っぽく車をほったらかすしかなくなっちゃう感じなのですが・・・

どうしようかとちょっと思案して、今回は諦めました。
どのくらい距離があるのかご存じの方は教えてください。
あと、車はどうすると近隣にご迷惑がかからないかも教えてほしい。

さて、
自分の中ではメインイベントになってる性の神様「七郎神」に向かいます。

↓続きます。
IMG_1412.jpg
ほどなく。
七郎神というカンバンの先に、例の「八つの神様ご利益巡り」ののぼりがたくさん。
これをみるだけでも、この場所=メインイベント感がおわかりでしょうか。

そして、目的地に到着したことはもうまごう事無き・・・と安心してしまいました。

・・・それが。
このカンバン、ちょっとしたトラップなのです。
この矢印が向いている方向を見ますと・・・

IMG_1413.jpg
こういう上り道を指しているように見えるのですね。

向こう側は太い木が生えていてうかがい知れません・・・
と書いたところでおわかりかと思うのですが、この木の向こう、が正解の七郎神。

IMG_1414.jpg
僕のように矢印に騙されてこの道を登っていきますと・・・

本気でえらいことになります。
気をつけてください。

登り始めて数十メートルでこりゃ違うわとわかります。
しかし。

バックでもどるのはあまりに危険なのでUターンができるところまで突き進み・・・
左はガードレールもない深い谷で・・・
上からは蔓草や枯枝が遠慮無く垂れ下がり・・・
コンクリ舗装も頼りなく、駆動輪は滑り・・・

助けを呼ぶ相手も、バックを見てくれる相棒もおらず山の中に一人。

2~300メートルほど登ったでしょうか、ギリッギリでUターンしてなんとか下りてきました。

どれだけ怖かったか・・・
Comment
No title
この神様、商売繁盛にはご利益ないかな?今度軽自動車でお参りしよう!

私が神頼みではいけないでしょうね!
Re: No title
>副院長 さま

> この神様、商売繁盛にはご利益ないかな?今度軽自動車でお参りしよう!

・・・歯医者さんにはご利益あるんじゃないですか?歯の神様なんだから。

写真屋さんへのご利益は実感しておりません。いまのところ。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。