スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松下電器、来年にもLet’snoteで快適かつ安価な高速通信サービスを開始へ

2008 08 20
080820_2.jpg
thx to Intel CES 2008
Flickr検索「WiMAX」

松下電器、来年にもLet’snoteで快適かつ安価な高速通信サービスを開始へ via GIGAZINE

ほぉ。松下Let'sNoteだけ!ですか。

Wimaxといえば一時は株主だったこともあるYozan(6830)!
今、久しぶりに見てみたら同じ会社とは思えない株価ですなw。

さておき、黒木町のような田舎に住んでおりますと、ラストワンマイルどころかラスト10~20マイルくらいでネット接続インフラに困っちゃってるわけで、Wimaxのように次世代高速通信!しかも無線!データが50km飛んじゃいます!とか言われると飛びつくように「早くサービスをぉっ!」ってなっちゃってたわけですが、そこはそれ、僕もだいぶ大人になりましたので黒木に光回線が来ないのは矢部線が廃止になっちゃったのと同じ理由なことはわかってますし、もしWimaxが見事にサービスイン!したとしても、どうせロクロク使えないに違いないよヽ( ´ー)ノ フッとか思ってしまうヒネクレ田舎者に見事に成長したわけですが。

さて、そのWimaxですが、Yozanがワイマックスワイマックス言ってた当初は、最長伝送距離:2~10km、出力によっては最大50km、なんていう非常に長いスパンでのデータ送信が可能で、田舎のデジタルディバイドを解決する手段として注目されてた、というより僕は少なくとも注目してたわけですが、結局のところ頓挫したような話なわけです。

総務省が昨年末に免許を付与した「2.5GHz帯」という電波帯にKDDIなどで作られる「ワイヤレスブロードバンド企画」とウィルコムが合格?したというのは記憶に新しいのですが、それをワイ~企画がWimax、ウィルコムが次世代PHSという形式で使用するということで、それをシームレスに使えるPCをパナソニックが発表する、ということで…いいのかな。しかも安価に、って書いてある。

ワイヤレスブロードバンド企画が推進してたのも固定用WimaxじゃなくてモバイルWimaxじゃなかったっけ?記憶違いかな。ま、さておき、都会だけでなく田舎にもデータが送られる路線が増えるのは良いことです。

しかしパナソニックだけ?何で?どうやって?
リンク先にある「回線借りサービス 」というやつも僕には正体がよくわからんのです。


黒木町でもモバイルネットワーク!
とか言って黒木の人が全員Let'sNoteを買う日が来るのでしょうか。
田舎者にとっても魅力的な機能でしょうか。


デジタルディバイドの話をすると一コ前の町長選挙を思い出すのは…僕だけだろうな。

今日は書かないけどさ。

光ファイバー…無いともうすぐテレビ見るにも不自由になるよ~。たぶん。
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。