スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PTA会長の「充て職」っていうので呼ばれた、決して嬉しくない一例

2011 05 28
IMG_2358.jpg

きのう、充て職(この漢字でいいのかな)っていうようなことを申しましたが、よくもまぁこんないろんなところに呼ばれるもんだ、と感心するほどで。

5月26日「黒木地区自治運営協議会総会」という案内が参りました。
PTA会長としての本職については前年度の副会長の頃に知った知識もあれば申し送りもあるわけですが、こんな外に出た部分についてはまぁ、伝わってなくても当たり前、という感じでございまして。

総会、ということでしたのでおそらく議決権は僕がPTAを代表して一票持っているんだろう、とかボヤボヤ思いながら会場へ。

資料の規約を拝読。

第7条 2
総会は、行政区長会、自治公民館長会、自治会女性部代表者及び各団体の代表者をもって構成する。


各団体の代表者、なのでしょうか。僕は。

議決権を持ってるのかどうかすらわからない。
不幸なことに前の方に座ってしまったもので議場全体の雰囲気もよくわからない。

即決らしき議案も手を上げていいものかどうか迷う僕。
たまたま隣に顔見知りの方がいらっしゃって、僕にも議決権があることを教えてくださいました。


議案内容について。
まず、全くと言っていいほどPTAと関係ない。

昨今、PTAはご存知のとおりPTCA(Parents Teachers Communities のAssociation)と呼ばれるほど地域との連携を重視しているところではあるのですが、この総会に関してはこちらから絡む部分もなければ予算・事業全てにわたってPTAの兼ね合いがある事象がひとつたりとも見られないんですわ。

要するに。
1:各戸から負担金を徴収
2:それにみあった(金額的に負担金の約2.5倍)の補助金を受ける
3:公民館・青壮年・青少年・女性・敬老会などの会の活動費を渡す
4:それに携わる地域代表者をなんとか組織する
ということらしいのですね。

特にPTAとして言うこともなければお金がもらえるわけでもないのよ。
いや、お金が欲しいんじゃないのよ。
PTAにここから予算をあげるよ、と言われても受けられるのかなぁ。

ほんで、総会を構成する「各団体」の構成は特に規約にも表記してなく、我らがPTAに加え、老人会(予算ももらってるみたいです)などがあるようなのですが、まぁそのへんもよくわからない。

議決権総数も委任状の確認もなく。
多数の区長さんたち、公民館長さんたちに紛れて。

うーむ。

で、まぁおとなしく
シャンシャン議案には手を上げる。
議論があった(まぁそれも区長会でやってくれよと思うような内容でしたが)議案は棄権する。

という戦法で乗り切りました。
質問していいのならいくらでも質問できそうな感じでしたけど。
ほら、僕って空気読む人じゃないですか。

合併を機に発足した会のようで、まぁまだ安定飛行にはしばらくかかるのかもしれません。


なんというか。
とりあえず小学校のPTAでも呼んどけ、くらいのことに思いました。
感覚的には。

機会があればなぜPTAが議決権を持っているのか、次年度から外していただく方向性がないか確認しておこうと思いましたが、総会にだけ呼ばれてその後は特に何もなし、でボヤボヤ来年に続いてしまう気もします。


・・・・いかがなもんか。
スポンサーサイト
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。