スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テキモサルモノヒッカクモノデ・・・黒木町にお猿さん来襲

2010 12 05
10120602.jpg

10120601_サル
お昼前だったでしょうか。うちの奥さんが「裏にサルがいる!」って教えてくれました。
黒木のような田舎には住んでおりますが、生まれて四十余年というもの、町でニホンザルは見たことありません。それが自分ちの中庭へご来臨をあおぐとは何とも驚き。

急いで駆けつけたのですが、その時はもう姿は見えませんで僕は遭遇しそこないまして、軽く残念ではありましたけども。

僕の教育がいいもんだから手近にカメラは置いていたらしく、うちと裏の離れをつなぐ渡り廊下の屋根に座ってる写真までバッチリ撮れてました(下の写真はそれを少しトリミングしたものです)が、その後は行方不明になったようです。

写真を見る限りではなかなか立派なお猿さんです。
ニホンザルは群れから群れに移動していく若いオスザルがはぐれ猿として放浪することがあるらしく、このお猿さんもそんな旅の若い人なのかもしれませんね。

ちょっと調べていましたら、町に出てきたはぐれ猿についての注意書きを発見しました。
相模原市の公式ページからの引用です。

エサをやらない!食べものは見せない!
人になれていない野ザルは、えさをとるときに引っかいたり、噛み付いたりすることがあるので危険です。
また、餌付けをすると人間を怖がらなくなり、野生に戻らず、サルの繁殖の原因ともなります。 繁殖によって、農作物への被害や家に侵入するなどの被害が発生します。

サルに近づかない!
野生のサルは、ペットではありません。むやみに近づくと襲われることもあります。
特に幼児などには危険です。
サルの目を見つめない!

目を見つめるとサルは威嚇されたと思い、人が目をそらしたときに襲われることがあります。
目を合わせないようにしましょう。

サルをからかわない!
サルをからかうことはやめましょう。 思わぬ行動に出て、事故になるときもあります。
大声を出さない!

大声を出すことは、サルを興奮させることになりますので、やめましょう。

お猿さんには何の恨みもございませんが、まぁ小さい子などが襲われる事態になるのは困りますので、早めにどこかに行ってほしいところです。

夕方になりまして。
うちの爺ちゃんが区長さんをやってることもありまして、役場の方がお越しになって、
10120603.jpg
爆竹を置いて行かれました。
これで脅かして追い払えと仰るのですが・・・

猿だ!よし!爆竹爆竹!
って探してる間に僕が襲われないといいのですが。

思い出屋は爆竹を装備した! 防御力が・・・1上がった!?
スポンサーサイト
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。