スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この道はどこに続いていくんだろう・・・・あぁ、こんなとこに出るんだ。

2010 11 22
10112202.jpg
Photo Per Ola Wiberg

11月はやっぱりちょっとだけ忙しくなります。
七五三やらのイベントごとはもちろんなのですが、なぜか今年は赤ちゃんや結婚式のお仕事が多い秋でした。年末に向けてなんとかバタバタしていきます。

毎年思うのですが、11月の土曜日曜は取り合いするほどイベントごとが多くてかないません。もうちょっと暑い時期やら寒い時期に平均してやってくれませんか、と言いたくなります。同じ日曜日に子どもはあっち、妻はあっち、親はこっち、僕はあれへ、ピアノに行って、消防行って、ふるさとまつりで、グラウンドゴルフが・・・ってもうね、いい加減に・・・。

週末はそんな具合でお仕事以外の面でもなかなかに忙しいのですが、平日は仕上げ仕事や学校アルバムの写真整理などでコンピューターの前にいることが多いのです。合間にブログ書けばいいのにね。


さて、気晴らしに、となりまして、前々から広く浅いいろんな趣味がありますが、近頃ハマってる、というか面白いなぁと思っているのが「知らない道を通ってみる」こと。

僕の仕事はあまり山の中に入り込んでいくことは多くありません。
はっきり言ってしまえば「国道442号線沿い以外は行ったことありません。」と言っちゃったほうが正しいかもしれません。

そんな中、ちょっとした理由で(別の機会に書きましょうかね)立花町の白木のあたりから熊本県に入ったらどういう道で・・・と地図を見て、実際に細い山道を熊本側に抜けてみたのをきっかけに、いろんな山を超えていくとどこにつくのかが気になるようになりました。

これまで曲がり角があるのは知っていたけど曲がったことはなかった道を曲がる、というのはなんだかワクワクする経験で、とても面白く感じていまして、同時にいろんな発見をもたらしてくれています。

ここを曲がるとあそこに出るんだぜ!
って自慢したくなりますが、たぶん僕以外の人は既に知ってるんで自重。


いきおい、山の中で行き詰まることもありまして難儀しますが今のところ事故はありません。
だいたいの場合、アスファルトがコンクリ道になったらアブナイ、とわかってきました。

もうちょっといいところを見つけようと思います。
スポンサーサイト

PTAの研修会で熊本市まで行ってきました。

2010 11 01
10110101.jpg

画像、わけわからんと思いますが、僕が熊本市内で飲んでいるとき、事情が許せばかならずこのお店の写真を撮ってくる、薬局の写真です。いい看板といい雰囲気。周辺はちょっとエロティックなお店が多いような場所で、呼び込みのおっちゃんたちに声をかけられつつ、お金ないからゴメーン、って断りつつ。

一次会をホテル宴会場、二次会スナック、三次会ビヤレストラン、でラーメン屋を探してる途中・・・でしたかね。ラーメン屋は結局よさそうなお店が見つからず、食べずに帰りましたが(正解)

ちょっと古っぽい加工をしてますのはiPhoneで近頃気に入ってるInstagramというアプリで撮影し、そんな感じのフィルタをかけてるからです。こんな加工が似合うお店だと思います。

いや、熊本で飲む機会自体そう多くはないのでこのお店の写真も4枚くらいしかないんですけどね。


閑話休題、PTA。
まだまだいちばん上の子が小学校3年生という、PTAの世界ではとてつもなく若輩者である立場に降って湧いたような単Pの副会長というお役目をなんとか日々こなしておるわけなのですが、まぁこれがいろいろと大変で。あちらを立てればこちらが立たずを手作業でなんとかしていくような感じに思っております。

特に、黒木小学校は少し小規模な渡内小学校と合併してまだ2年目なのに加え、行政組織も黒木町は年度の直前で八女市と合併、去年まではあった町PTAという組織もなくなって大規模な市PTAに編入された上、予算組みも当然大幅に変化。今まであった事業を終わらせるのにもパワーが必要なら、市Pの新たな事業に参加するもパワーが必要。

そんな中で九州ブロックPTA研究大会に参加して参りました。
まだまだよく理解しているとは言えないやるべきこと、やらねばならないことが少し垣間見えたような気も致しました。先進的な取り組みの一部を拝見し、襟を正すような気づきもありました。

また、日頃はあまりお会いしない、町内の別の学校の正副PTA会長さんたちと、深く交流をさせていただき、新しいものが見えた二日間でした。

これまでの町P会長校輪番(市P副会長輪番に引き継がれました)の年度ということもあり、さまざまな準備もさせていただき、少し青年会議所にいた時代を思い出すような感じでもありました。

見せんと親の姿、見んと子どもの姿(大会スローガン・・・やったっけ)
運営の皆様には大変お世話になりました。

これからも勉強させていただきます。
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。