スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緊急入院、というあまり嬉しくないニュースが

2010 05 15
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ
IMG_7176_R.jpg
午前四時。
場所は八女市の川崎病院の待合室です。
ちょっと動揺して写真は一枚だけしか撮ってませんでした。
まぁそんなもんでしょう。することは無いのでヒマではあったのですが。


深夜、僕が家にいれば、うちの奥さんと二人でだいたいお酒を飲んでいます。
二時過ぎ、いくらなんでも寝ようと思って風呂に入りまして。
出てきたら彼女が座ったまま俯いてなんだか辛そうだったのです。
「手足が痺れて動けない」と言います。

突然そんなこと言われると動揺するもんですね。

一刻を争う病気であれば大変、と救急通報。
生まれて初めて救急車を呼びました。

2時間ほど僕は待合室の人になり、上はその時の写真です。
いろんな検査をしてもらっていたようです。

IMG_7178_R.jpg
そのまま入院、となり翌日。
これはMRIっていうんですかね。
人間の開き、ですな。

首の上の方(小さくPCのポインタが見えるあたり)の椎間板が神経を圧迫しているのが原因だろう、なぜなら脳も血液も正常だから、というご説明をいただいています。

今のところどのくらいの入院になるのか、どのように治療するのかは聞いておりませんが、再発しないように・・・あんなドッキリはごめんなのでw

IMG_7177_R.jpg
彼女が倒れた当日の朝(というか既に前日ですか)たまたま僕は前原市に泊まっており、雷山の有名な千手観音が祀られる千如寺へお参りしておりました。あの観音様は「サムハラ」という身代わりのお守りでも有名なのです。僕は日ごろ、御朱印はもらいますがお守りなどはまず絶対と言っていいほど買わないのですが、この日に限ってなぜか一つ拝領して来ておりました。

前原に泊まっていたということは、発症したのがその前日なら僕は助けられなかったわけで、まぁ若干の時間の前後はありますが、御慈悲と思うべきでしょう。

結果的には脳とか心臓とか、直接命が危ない病気ではなかったこと、
たまたま症状に合った病院に搬送されたこと、
症状が手足の痺れ程度で本人が至って元気で陽気なこと、
子どもたちがある程度は状況を理解してくれる年齢になっていること、

・・・などなど、いろんなことがラッキーだった気がしています。
サムハラのおかげかもしれません。

・・・だったら発症も防げよ、とか言っちゃダメなのよ。
おかげさまでございますよ。

うちの子たちがちょっと寂しがったり、物がどこにあるのかわからなかったり、なにかと困ってはおりますが・・・この機会にちょっと早寝早起きしてみたり、やむを得ないライフスタイルの変化をできるだけテンション上げて楽しもうと思っています。

お客様や、周りの方にご迷惑をおかけしないよう
なんとか残った連中で頑張ります


↓この二つのボタンをポチッとね!

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ
↑一日一回のクリック支援、多謝
スポンサーサイト
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。