スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュースに出てきた面白い言葉 「玻璃」

2009 11 03
↓一日一回のクリック支援、多謝
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ
09110301.jpg

珍しくこの手のエントリなのに自分の写真。
近頃お客様に「被写界深度」(ピントの厚さ)の説明をするときに役に立ってる写真です。
こないだ沖縄行ったときに撮影したヤツ。

「玻璃」という言葉に関連してます。かろうじて。

さて。読売新聞。

 「玻(は)」という漢字を名前に付けた娘(生後11か月)の出生届を、名古屋市が「人名用漢字ではない」などとして受理しなかったのは不当だとして、同市東区の両親が受理を求めた裁判で、名古屋高裁は先月、訴えを退けた。

 このため矢藤仁さん(40)、清恵さん(38)夫妻の次女、玻南(はな)ちゃんは戸籍がないままで、両親は近く、最高裁に抗告する考えだ。

 「子供をおとしめる文字ではなく、意味のない当て字をしたわけでもない。思いを込めた名前をつけてあげたい」と訴えている。

 旧約聖書に登場する女性「ハンナ」と、「瑠璃(るり)も玻璃(はり)も照らせば光る」(つまらないものと混じっていても、素質の優れたものは輝いてすぐにわかる)ということわざから命名した。

 戸籍法は、名前に使う漢字は「常用平易な文字を用いなければならない」と定めており、市は、「玻」が常用漢字や人名用漢字にないことを理由に、出生届を受理しなかった。

 両親は名古屋家裁に審判を申し立てたが、1月に却下。即時抗告したが、名古屋高裁でも10月27日、「明らかに常用平易と認められない以上、戸籍上で使えないことはやむを得ない」との判断が示された。
(2009年11月2日05時11分 読売新聞)

はいはい、DQN親。

…と。
通過しようと思ったんですがね。
面白い言葉がいくつかあったんで登用。

まず、旧約に出てくるハンナさんの話。

ハンナ?
あまりメジャーな人じゃないと…思うんですが。
僕も知りませんでした。
高校はカソリックだったのにまともに読んだことないし。

サミュエル記にこのような話があるそうです。
う~ん、普通の日本人なら…知らないね。僕も知らない。
イスラエル歴史中最も重要な働きをした預言者の一人であるサムエルの、
お母さんの名前でなければならないのね。

敬虔なクリスチャンの方であればまぁ無くはないの…かも。


ほんで、瑠璃も玻璃(ハリ)も…の話

この諺、知ってました?
僕は知りませんでした。
たまたま、別方面から「玻璃」のことは知ってたのですが。

このニュースにを読んだ人の書き込みに「瑠璃と玻璃」を勘違いして
瑠璃=良いもの
玻璃=悪いもの
と取っている文章
「なんでつまらないものの方の漢字をつけるんだ?」
みたいなのを多く見かけましたが、この解釈は間違い。
たぶん、「つまらないものと混じっていても」という文章が影響したと思うんですが…。
両方とも宝物。

では玻璃とは何か。
仏説無量寿経という経典に出てくるそうなんですが。
仏教上の宝物、七種の宝の一つなのですね。
「金、銀、瑠璃(るり)、玻璃(はり)、硨磲(しゃこ)、珊瑚(さんご)、瑪瑙(めのう)」
件のハリを除くと硨磲=シャコ貝くらいですか、わかりにくいのは。

そして、一番なじみの無い「玻璃」というのは今で言えばガラスのような透明な結晶物質のこと。今の価値では他のものより下に見られるかもしれませんが、たぶんダイヤモンド的なやつも仲間に入るのでしょう。

7種とも全て「良いもの」であり、宝物でありますよ。

まぁ敬虔な仏教徒であれば… あれ?

ま、いいか。



子の名前は思いがあるものです。誰しも。
僕も自分の子に名前を付けるときはとても考えました。
個性的で、イメージ豊かで、幸せな名前をつけたいと誰もが考えるでしょう。

今回の争点は人名用漢字でない字を、親がどうしても使いたい場合どう対応するか、という点。
いくら悪い意味が無い漢字であろうと、無制限許可には個人的に大反対。
どうしてもその字を使う必要があるのなら戸籍名と通名を併せて使えばいいだけの話。

ルールが決まっている中で、ルールの方を曲げようと考える人。
この時点でこのご両親とはお友達になれないと感じます。
社会生活に向かない方であるなぁ、と。

いずれにしても。
思いある名をつけたいという、愛するその子に。
お前の名は最高裁まで国と争って勝ち取ったのだ
と伝えるつもりなのかね、この人たちは。

その愛する子が現時点で戸籍を認められていないことよりも、
このちっぽけな「玻」って漢字が大事
なのかね。
世の中いろんな人がいるわ。


近頃は漢字の名前を見ても何と読むのかわからない子が多いので、僕は読むのにだけは困らないように名前をつけました。それでもやっぱり一発で日本語変換(ワープロのね)が出来る名前ではありません。

3人とも、とても気に入ってる名前ではあるんですがね。
変換の件だけでも「悪いことしちゃったかな」と思ってるんです。

渦中の小さい人に、戸籍&「読める」幸せな名前を
↓この二つのボタンをポチッとね!

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ
スポンサーサイト

ニンジンとパパイヤで何が出来るか

2009 11 03
↓一日一回のクリック支援、多謝
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ
09110302.jpg
photo Miss Sue P
ダメモトで「carrot papaya」で検索したらけっこうヒットしました。
そういえばタイにソムタムって食い物がありまして。
元は青いパパイヤで作る料理ですが、ニンジンソムタムってのもあるくらいで。


4歳のCHONAN。
お昼過ぎに

「にんじ~ん♪ ぱぱいや~♪」

と歌っておりました。

「いっぽんでもにんじん」を今どきにしたような歌かと思ったら。






コレだった、というオチ。

さすが、[THIS IS IT] 見てきたお方であるな、と
↓この二つのボタンをポチッとね!

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。