スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンデジV.S.デジイチ カメラの選び方について、ある記事に便乗

2009 10 07
↓一日一回のクリック支援、多謝
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ
09100701.jpg
photo persimmonous.jp

今、カメラを買おうと思ってるあなた。
とりあえずこのリンク先を読んでみるのもいいかもです。
デジイチとコンデジで悩んでなくても、ちょっとでもカメラに興味があるなら読んでみた方がいいと思います。

いろいろと、異論もありますがね。
いいこと書いてあると思いますよ。

・スペックに酔ってデジイチを買ってしまい、重さに負けてタンスのコヤシにしてるおじさん

・運動会で、2秒に一回しかシャッターが切れないコンデジに不自由しているお父さん


なんて不幸な皆さんを作らないために。
(引用しないので、とりあえずリンク先へどうぞ)
デジイチとコンデジで悩んでいる方へ

ちょっと用語説明と補足(文責:思い出屋)

「デジイチ」という用語の説明
デジタル一眼レフの略。
撮影に使用するレンズと撮像素子(って言って、光を感知する部分)の間に鏡を置き、実際に撮影されるイメージをファインダーで確認することができるカメラのこと。ほとんど全てがレンズを交換可能で、撮像素子の大きさもコンデジと比べると比較にならないほどデカイ。
今は鏡が無いやつもあるが、まぁざっとこんな説明で。

「コンデジ」という用語の説明
コンパクトデジタルカメラの略。
一眼ほど撮像素子が大きくなくて、カメラ全体も小さなカメラ。一般にレンズが交換できない。代わりに比較的ズーム幅が広い固定レンズを搭載している場合が多い。撮影の拡張機能を削りに削ったオート専用機から、比較的さまざまな撮影が出来るものまで千差万別ではある。毎日必ず持ち歩くという使い方であれば僕としてはこっちしか選択肢は無い。

「ISO感度」の項目の補足
要するに、撮像素子が小さいほどノイズは乗りやすい、というのが当然なのですね。暗いところで撮影するには感度を上げる必要があり、感度を上げるとノイズが載りやすくなり、そのノイズは撮像素子がデカイと見えにくい、と考えていいと思います。

「コンデジは片手での一点支持」の補足
近頃のコンデジは、左手で保持する場所が極端に少ないのが多いです。左手を使おうとするとストロボに干渉したりね。写真の出来上がりを左右するので当然左手も保持を手伝った方がいいのですが、どこを持つとストロボやレンズに干渉しないか、というのは日頃の練習が必要でしょう。

起動時間の項目の補足
僕はデジイチの電源は切りません。
使ってないときもです。
起動時間はゼロ。困ったことはありません。ダメすか。



さらにこの文章で触れていない大きな違い
・連続して撮影することがある→コンデジじゃ無理
というのは非常に大きな差だと思われます。
普通のコンデジは一度撮影すると次の撮影までビックリするほど間があります。
ズームなどの操作にも非常に時間がかかります。少なくとも撮影時の感覚では。

運動会など、走ってる、動いてるのを撮りたい人は、まず必ず一眼を持つべきです。


デジイチってのはそれなりの値段するんで、うちの結構なハイアマのお客さんもコンデジでいいかぁってなる場合があるんですわ。中古でいいからデジイチにしようや、と言うんですが。

ほんで、どっちを薦める?ってよく聞かれますが…。

ホントに
ライフスタイル、写真のスタイル、求めるものによって違います。
という答えしかありません。

言いたいことのまとめ

デジイチでなければいい写真は撮れない、ということはありません。
ラーメン屋でラーメンを撮る時にデジイチを振り回す人は、変な客だと思われます。
そいつは、毎日そいつと一緒に暮らして、自分のライフスタイルを書き留めるパートナー。
だからコンデジはいいんです。

デジイチ&レンズ&被写体の組み合わせには無限の可能性があります。
一眼用レンズが醸し出す風合いはコンデジには逆立ちしても出せないものがあります。
三脚の上のデジイチはフィールドに立ったあなたをアーティストにしてくれます。
だからデジイチは必要なんです。



高いカメラには高い理由があり、同じことが安いカメラにも言える。

なので、迷ったときは一緒に悩みましょう
↓この二つのボタンをポチッとね!

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ
スポンサーサイト

卒業してしまった商工会青年部だけど、合併協議会は卒業してないのだ

2009 10 07
↓一日一回のクリック支援、多謝
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ
IMG_8210.jpg
すごく久しぶりに「お役目」エントリをしています。

僕に残された数少ないお役目である、青年会議所にメンバーとして参加できるのもあとわずかになりました。あとは来週に那覇で行われる全国大会に出席し、家族懇親会などのLOM事業に参加し、最終事業の12月総会を待つばかり。

昨日はJCの例会(筑後・山門・八女 3LOM合同例会)が行われ、残された日々が少ないことを実感しましたよ。ん~、なんか寂しいすね。


さておき、既にOBとなってしまっている商工会青年部のお役目も完全に終わったわけではありませんで。今年度末に合併する行政と合わせ、次年度当初より合併が予定されている、広川町を除く八女郡の商工会組織。

その青年部も、当然合併することとなります。
その上では、これまでの青年部内での活動、事業、会計、規約、…さまざまな事項で団体ごとの違いがあり、それを統一しなければ進まないという現実があります。その作業を行う合併協議会に、議長である現代表を(八女郡商工会青年部の「前代表」ということで)副議長としてお手伝いさせていただいております。

先日第3回目の会議が行われました。

親会(と呼ぶのですが、青年部の上の商工会組織)の合併協議会もそれなりに進んではいるようなのですが、まだ青年部サイドには潤沢な情報が流れてきていない中、各青年部の現状把握、これまでそれぞれの地元で行ってきた事業の把握、その今後の流れの想定などを刷り合わせしていただきました。事業収益力や会員数などの兼ね合いで、会費なども各団体で大幅に違っており、そのあたりの統一はなかなか大変そうですが、これから数ヶ月で結論を見なければなりません。

後輩の皆さんがスムーズに合併に向けて進んでいけるようお手伝いができればと思います。

合併に向け、協調していきましょう
↓この二つのボタンをポチッとね!

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。