スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葬祭式典会場に用意されているアレは、やっぱりアレだったのだ

2009 06 26
↓一日一回のクリック支援、多謝
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ
IMG_5470_retouch.jpg
亡くなった方の御遺影を作成するお仕事で葬祭式典会場にお邪魔することがあります。
今日はちょっと雨が降っておりますね。

御弔問が始まるまであと1時間くらいの頃。
スタッフの皆さんが急がしそうに往来されています。

僕にとっては日常的な風景なのですが、御遺族にとっては涙雨と呼ばれるのでしょう。

何気なくいつも手元にあるカメラで車の運転席からシャッターを切りました。したらば。

IMG_5469.jpg
葬儀屋さん専用!

って感じの傘が置いてあったのでへぇ~と思ったのです。

シャアの傘はやっぱり赤だろうと思う
↓この二つのボタンをポチッとね!

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ
スポンサーサイト

マイケル・ジャクソン

2009 06 26
↓一日一回のクリック支援、多謝
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ

僕が中学校の頃だったでしょうか。
BAD・THRILLERで僕らの前に突然姿を現したのは。

いや、僕らが知らなかっただけなんでしょうけど。
ジャクソン5の頃なんて知りませんから。

「ザ・ベストテン」に出てくる「歌謡曲」しか知らなかった僕たちに、FMラジオやレコードというメディアで外国の音楽を手に入れることを教えてくれた人な気すらします。

当然、金もなかったので、八女や久留米までバスで行って貸しレコード屋でテープメディアのアルバムをダビングしてくるのが毎週の楽しみみたいになってた頃の話です。著作権無視し放題ですな、今考えると。

八女がヴァケイション、でしたっけ。久留米にあったのは…名前忘れちゃったな。


80th初頭の中学生のバカ頭には、外国の曲を聴く、外国のアーティストを知っている、というだけでオレってカッコイイ!という変な価値観もあって、次第次第に洋楽というのが身近になってきた頃、その入り口にマイケルは立っていました。

あまりにも普通に大活躍を続けているので、特にファンでなくても彼の楽曲を聴き続けることはそう難しいことではありませんでした。

近頃はだんだん白くなってw、「もう体は機械になってる」なんて言われてましたが、彼もまだ死ぬ権利は持ってたわけですか。

僕が一番カッコイイと思うPVはこれ。

空耳アワー 「パン 茶 宿直」でおなじみ…
というか、あの作品がなかったら僕もこのPVを見ることがなかったかもしれません。

10分にわたる大作です。
初めてごらんになる場合は、中盤以降のほうがカッコイイので途中で終了しないように。
どこもかしこも、マイケルワールド炸裂でございますよ。


「洋楽」を教えてくれた彼に黙祷
↓この二つのボタンをポチッとね!

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。