スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピンポンのまち=黒木町 という活動が進んでおりますよ

2009 06 13
↓一日一回のクリック支援、多謝
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ

福岡県アンビシャス運動というのがありまして、そちらにも登録されているそうなのですが、社会体育として卓球を盛り上げていこう、という動きがあるのだそうです。

中心となって活動しているのが、僕のいとこで、役場に勤めているHさんなのですが、本当にさまざまな面で、黒木町をピンポンの町にしよう!と頑張っておられます。

卓球の町プロジェクト

卓球台の寄贈を絶賛受付中!
だそうですので、もし使っていない卓球台などお持ちのかたがいらっしゃったらお申し出いただければと思います。リンク先の連絡先に御連絡いただくか、このページの←左カラムにある僕あてのメールフォームに御連絡いただけても結構です。

IMG_5507.jpg
上の写真はつい先日からアンビシャス運動の一環で行われている小学生の卓球教室に通い始めたうちのCHOJO。

「きょうは「ばっくはんど」を習った♪」
のだそうです。

大人~高齢者のみなさんの卓球教室、卓球大会の開催も非常に盛んです。
そちらには僕のお母さんが参加しております。

「面白かよ~~~~~~~~♪」
だそうです。

今日もうちの裏にある小学校で大会があり、なにやら準優勝したのだとか。
やるなぁ、うちのばぁちゃん。

IMG_5502.jpg
これは玉ひろいをさせてもらうCHONAN

手伝いになってるのかそれは
↓この二つのボタンをポチッとね!

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ
スポンサーサイト

今のうちに見つけてよかったかも♪全て無料の学習塾 「一問道場」がオススメなのだ

2009 06 13
↓一日一回のクリック支援、多謝
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ
09061301.jpg
こういうニュースを新聞で知りました。

JTB九州、旅行広告を掲載した小学生向け無料ドリルを配布へ

 JTB九州は6月11日より、同社の旅行情報を掲載した小学生向け学習問題集「無料ドリル」を配布する。夏休みを前に、小学生の子どもがいる家族の旅行需要を喚起したい考え。1学年各2万部、合計12万部を用意し、九州各県の支店や営業所、福岡県下の主要書店などに置く。

 ドリルは1冊46ページで、学習問題と解答・解説が約27ページ、旅行情報が約19ページを占める。1―3年生向けには国語と算数を用意し、4年生以上はさらに理科と社会の設問も加える。 <via. asahi.com>


ナイス!やるじゃん!JTB!、と思っておりました。

JTBには、交通の手配をする時にいつもお世話になる営業さんが居ますので、これはドリルを貰えるように頼もう♪などと思っていました。あぁ広告バチコイだ。読んでやるぜ。

ふと、どうやって問題集作るのよ?と思って先を読むと…

問題は、九州大の学生や卒業生が参加し、無料の学習教材サイトを運営する一問道場(福岡市)が作成した。


なぬっ!そんなサイトがございましたか。

行ってみねば。

という具合で、JTBさんのおかげでご縁を頂いたサイトでございます。

一問道場

うちはCHOJOだけ小学生なので、とりあえず小学校2年生のアカウントを作成してみました。一日一問、小学校2年生の場合は国語と算数。普通の問題がそれぞれ一問ずつ、難問というのがそれぞれ一問ずつ出題され、レベルは結構高いです。

て、ここ数日楽しそうにドリルをやっております。国語はどうにかなるみたいですが、特に算数は問題のレベルにはなかなかついていけないご様子。

それより、百マス計算が楽しいようで、普段は触ってはいけないと言われるPCに堂々と触れるのが嬉しいのも含めて毎日頑張っております。

サイト内をよく読んでみたら、問題を作成している先生方は、九州大学の卒業生や現役の皆さんみたいで、「クラシックが好き」「オーケストラで金管楽器を吹いている…」などと、僕がかつて所属したサークルの後輩であることをにじませるような自己紹介が。

これはいろいろと応援せざるを得ないとも思ったのです。

どちらの言葉の使い方が正しいでしょう

1.お花に水をあげました
2.お花に水をやりました

おととい、2年生に出された問題です。


すばらしいサイトなので、優良スポンサーがたくさんつくといいなと思うのです。

小学生をお持ちの保護者さんは一度お試しを
↓この二つのボタンをポチッとね!

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。