スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツールに「別のパフォーマンス」を見出す力というのは美しいのだ

2009 04 16
↓一日一回のクリック支援、多謝
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ

突然ですけど、油圧ショベルってありますよね。
パワーショベル、とかバックホー、とかいうやつです。

ガー!ってスコップみたいなので土をかき出したりするやつ。<小学生か

この辺ではアレのことを「ユンボ」と呼ぶ方が多いので、長らく八女地方の方言だと思っておりました。

あれって元はフランスの会社の商標らしいっすね。
いわゆる「普通名称化した商標」っつぅやつで、チャッカマンとかウォシュレットバンドエイドみたいのの仲間なのですね。意外なところでは、デジカメなんてのも普通名称化した商標、でございます。三洋電機さんお世話になっております。

さておき、ユンボの話。

僕の先輩のブログにユンボをダンプに乗せてみるというレクチャーがあります。

僕らは素人なので、トラックにユンボが自力で這い上がるまでの一連の技術、というを初めて開発した方のイマジネーションに美を感じることを禁じえないのですが、毎日ユンボをオペレーションしている方にとっては当たり前の技術なのかもしれません。

パワーショベルdeワイン(Wine In The Excavator) Ver4

とか、数センチ精度の技術は時々テレビなんかでも見ますし、

Extreme climbing is more and more popular, even and dredge are includedin this sport. See how he did it!
これは専用の塔と専用のパーツを使った競技?なのでしょうか。
こんなことまで出来ちゃうんですね。


さて、何で素人がこんなにユンボにこだわって書いてきたかというと…

やはり道具を使うのにイマジネーションは大切なのであることだなぁ、と思ったから。


この動画に教えてもらいました。

君のアレは別のパフォーマンスを隠し持ってないか
↓この二つのボタンをポチッとね!

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ
スポンサーサイト
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。