スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第11回商工会青年部全国大会(福岡大会)が終了しました とりあえず大過なく

2009 02 11
↓一日一回のクリック支援、多謝
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ

IMG_1731.jpg

画像、内容と関係ありません。
今日、4日ぶりに帰ってきた黒木町、国道442号線の向こうに沈む夕日です。

一年以上つき合ってきました、商工会青年部全国大会(福岡大会)が終了しました。
約5000人の参加者を動員し、約5000万円という大金を投じて行う事業です。

八女、というエリアで僕と同じ役職に就いた方はたくさんいらっしゃいます。これからも同じ役目を負う方がいらっしゃることでしょう。
しかし、以前の皆さんも、以後の皆さんも、まず誰も行えない、こんな事業の中心で運営を担当できる立場をいただいたことを、神様でも仏様でもいいですが、まず感謝せねばならないと思います。


本当に。
たくさんのお褒めの言葉をいただきました。
筑後地区が居なければ、松尾が居なければこの事業はできなかった、とも言っていただきました。
それは全然違うのですが、やはりうれしかったです。

あまりにも褒めていただいたので、今はちょっとだけ「終わったこと」をお祝いしてもいいかな、という気持になっています。

石川(金沢)大会と、ちょっと飛んで東京大会、仙台大会という3つの全国大会を僕自身経験しています。その中で、(参加していただいた青年部員の皆様の目線では)まず一番「上手に」運営できた大会と思っていただけたのではないでしょうか。天候にも偶然にも助けられたとしても。

2月7日のエントリに
「そう大きな破綻は無く、フィナーレを迎える」
と書いたのは、大会1日目、ドームでの式典とホテルでの懇親会両方の運営を司る筑後地区の長を代行する立場として99.9%の自信がありましたし、事実そうなったと思います。

しかし、それはソフトバンクホークスマーケティングさん、JALリゾートシーホークホテル福岡さんをはじめ、多くのプロフェッショナルの仕事が積み重なっていることを僕が知っていたからです。

参加者に見えない部分で大きくない破綻が山ほど起こりましたし、自分としては全く納得の行く内容ではありませんでした。
これは全国、県、地区、さまざまなレベルで商工会青年部の組織力が上手に働かなかったのが原因であり、加えて僕の統率能力、想定能力の無さ、なのです。

これは非常に大きな問題点、なのですよ。

事業をやった後は反省をせねばなりません。
反省が一番大事!とまでは言いませんが、反省をしない事業であればやらない方がいい、くらいには思います。

…とだけ今日は書いて終了。
そのあたりの反省をどういう形で書き残そうかと考えているところです。


消防団の部長会が折悪しくw今日行われるそうなので行って来ます。

反省反省。
↓この二つのボタンをポチッとね!

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ
スポンサーサイト
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。