スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じしんふきんしん、というエントリで言いたかった内容

2011 03 16
この緊急時にあって「不謹慎だから」という理由でいろんなイベントなどが中止や延期に追い込まれている場合が散見されますね。

大災害翌日に予定されていた九州新幹線イベント関係者の皆様は大変な判断だったと思います。
同じ日本であの大災害が起こった翌日にそりゃ開通オメデトウとは言いづらい。


けど。
僕はその「不謹慎」に少し違和感を感じています。

僕の身の回りでは、全く普段と変りない生活が出来ています。
いまのところ。

ほんで。
大規模・小規模かかわらず、飲み会やイベントは通常通り行う。人を集め、その場その場で被災地を思い、その場その場で義捐金を集めるほうがよほど建設的で、経済も停滞しないと思っています。

不謹慎だから中止します。
おうちのテレビの前で被災地の心配をしましょうね。
じゃ一文の価値もない。

被災地を慮るばかりではいけない。
今の僕らには義捐金を送る以外のすべもないのですから。

痛みを分かち合うために、今われわれに出来ることをやりましょう、と思うのですよ。

なんかうまく言えませんが、そういうことが言いたかったんですわ。
スポンサーサイト

じしんふきんしん

2011 03 16
大災害に見舞われました皆様へ衷心よりお見舞いとお悔やみを申し上げます。
110316.jpg
2月のあたまにメインPCの起動HDDが逝ってしまいまして、その後ブログを書く環境を復旧させずにここまで来てしまいました。というわけで、お久しぶりです。

5日から6日間にわたって修学旅行に帯同するというお仕事が入り、その前日に当たり前のように福岡へ帰ってきた11日のことでした。
旅行のせいで押しやっていた仕事をバタバタとこなしていましたら、うちの奥さんが
「なんかテレビが大津波警報とか言ってるよ」
と。

それが今回の、とてつもない、未曽有の大災害の始まりでした。
九州は全く何の音沙汰もないほど静かな一日でしたけれど。

前日には修学旅行団は千葉県の舞浜、報道でも何度となく出てきたディズニーランド近くにいたわけで、身がすくむ思いでもありました。

ウェブ上では。
Twitter では救助を求める声などの重要なTweetを消さないよう、不要不急のTweetを控えようという声も高まり、緊急放送さながらの状態が続きました。また、情報源が確認できない、いわゆるデマに近いTweetも散見され、RTによって広まってしまったものもありましたが、この非常事態にあっては比較的その機能を果たしたように感じました。

電力に関しても、九電が東電に電力融通をするので九州でも節電を!と呼びかけるTweetが数多くRTされていました。実際には既にみなさんご存知のとおり、関東以北は電気の周波数が違うためおよそ15万KWほどしか九州からは送電できないそうなのですが。

そうこうしているうちに、救援資材を集める会社が出てきてあまりに大量の物資が集まってしまい収集がつかなかったり、個人の捜索をしているTweetをフォロアーが多い有名人がRTで手伝っていたり、iPhoneなどのアプリ作者がアプリを無償提供するのでその分を義捐金として現地に、という取り組みが見られたりと、いろんなことがありました。

ブログメディアもいろいろと現在出来ることを挙げているようです。
ゆめみがちサロン : 【東北地方太平洋沖地震】西日本の私たちができること
このページなどは非常にわかりやすく我々非被災地域の動き方を解説してくれていると思います。

いろんな意味で「確たる情報源」というのが大事だなぁと思った数日です。


ともかく。
義捐金を送り、モノは送らず、ボランティアもまだ行かず
献血は今は足りてるそうなのでしばらく待つ


というのがほぼ正しい情報だと思ってます。

タイトルに書いちゃった「不謹慎」の話をしようと思ったんですが、ちょっと長くなったんでこのへんで。

一年の終わりに自分が一番変わった部分を振り返る

2010 12 31
IMG_1240.jpg

なんの因果かこのブログを読んでいただいている方も、
それだけでなく、リアルに私といろんなかかわりがあったりする方も、
ありがとうございました。


うん。
八女郡黒木町が八女市黒木町になったり、
というのが周辺では大きな変化だったでしょうか。

しかし、僕にとってはまず、今年を振り返るにあたって。
Twitter
このツールの再発見は、間違いなく僕の人生の中でひとつのエポックでした。

101222_2twitter_icon.png今の僕のアイコン

なぜ「再発見」と書くかといえば、実はこれを教えてもらったのは今を去ること3年前の2007年。そんな昔に僕のアカウントが出来ているからなのですね。日本で最初の10000人に入っていたと思います。要は3年ほどほったらかしてた、ということです。その頃は日本人ももちろん少なく、今もTwitterの感想としてこう言う人が多いのですが文字通り「何から手をつけていいかわからん」という状態だったのを覚えてます。

去年の後半あたりからか・・・しだいしだいに再度このツールの名前を聞くようになり、アカウントが生きていることを確認し、今に至ります。

Twitterが僕の手足として動き出したのが今年の始め、そしてこれはもう無いと生きていけないほどのコンビニエンスはもちろん、モチベーションと、エモーションと、サティスファクションと・・・知ってる形容詞全部言ってるだけですが。

このツール。
本当に人と人をつなげる力があります。

僕は無制限に誰でもフォローするわけではないし、フォローしてもらっても無制限にフォローを返すこともないので、僕のフォロアーも、僕をフォローしている人も2000人弱とそう多いほうじゃありません。

でも、僕が「この地区で◯◯売ってるとこ知らない?」「◯◯に来てるんだけどうまいラーメン屋ないかな?」って聞くと、情報を持っている人が喜んで答えてくれます。「こういう質問してるやつ居るんだけど誰か知らない?」って別の人に尋ねてもくれます。同じように僕も知っている情報は共有します。

それだけでなく・・・
ここからは説明がとても難しいので説明しないけど。

今年は僕にとって、Twitterのおかげで大きな変化があった一年なのは間違いないのです。
まだやってない人はぜひやったほうがいいと思うのです。

そして、僕が知っていた「ウェブ上はキケンがいっぱいだから、自分のことは極力隠して行動しましょう」というこれまでの認識を完全に打破してくれたことも大きいですね。

今年に入ってからでしょうか、アメリカで非常に大きなネットワークサービスとして成長しているFacebookが国内でも大きく取り上げられ、僕もアカウントを持っています。こちらはまだ僕もよく理解していないところで、勉強会などに参加したり、Twitterの中での先駆者にいろいろとお尋ねしたりして知識を増やしているところです。

このサービスなんか実名でなければアカウントを剥奪されるほど実名化が進んでいますね。僕も実名で登録していますし、実際のところ全く実害があるとは思えません。ですのでもしこれを読んでTwitterなりFacebookなり始めてみようかとお思いの方は、騙されたと思って実名で登録しましょう。


こないだ見つけたサービスに、about.meというのがありました。僕のページを見てみてください。特にTwitter、やFacebookなどをやっている人にはすごくおすすめです。
about.meの僕のページ
このページを名刺のようにリンクしておくだけで、僕のTwitter、Facebook、Tumblr、このブログへのリンクを一気に渡すことが出来る上、メールアドレスを晒さずにメールがもらえるウェブページ機能も併せ持っています。その上、このページは15分で作ることが出来るんですよ。

すごくシンプルで、クールなサービスではないでしょうか。

なんかウェブ上のツール回りの話だけになっちゃいましたが・・・

この一年もあと数時間です。
新たな目標に向けて頑張っていきます。

よいお年をお迎えください。
今年もありがとうございました。

年末は…忙しいなあ

2010 12 24

iPhoneから更新してみてます。

んー、夜警が近づいてくるなぁ、という画像がたまたま電話に入ってました。

黒木の消防団はたいへんマジメで(自虐)28日から大晦日まで四日間という、よその消防団員に言うと「アホか」と言われるような夜警を毎年やってます。

夜警の時期になると一日の半分取られちゃう感じで、ただでさえ慌ただしい年末をターボブーストしてくれちゃいます。

そんな中僕はといえば。
明日は一日撮影仕事なので休んでおきたい、などど言い訳して二時間くらい寝転んでたところです。

そろそろ起きて今日の分のルーチンを終わらせなければ明日は来ないんだけど。

さて、頑張るか。
よっこいしょと(起)

メリークリスマスでした~。

【祝】100歳

2010 12 23
IMG_1659.jpg
なんかおめでたそうな写真ねぇかなと思って僕のファイルから探してきただけです。

さて。小幅更新ですが・・・
先日書きました、家族の年齢を足して合わせて・・・ってやつ。

本日!うちの奥さんの誕生日(天皇陛下と同じ日なのですね)でございまして。
めでたく!
僕と僕の奥さんと子ども3人!
全員合わせて100歳となりました~♪

おめでと~♪

ちょっと忙しいのでこのへんで。
この状態は3月の僕の誕生日まで続きます。

さて。
今上陛下のお誕生日を謹んでお慶び申し上げます。
(ついでっぽくてすみません。)
 | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。